作成者別アーカイブ: timesblog

知のコスモス

興味深いお話を学生の皆さんに混じって受講してきました。

学生の皆さんがうらやましい!!

いくつになっても学ぶに遅くはないけど

こんな講義を若い時に受講できるなんて、

やっぱり若さを羨ましく思った 素敵な講義でした♪

Gunnar Larson

スウェーデン南部のスコーネ地方をこよなく愛したGunnar Larson。

奥様であるLisa Larsonとの散歩が 何よりの楽しみだっと聞きます。

季節ごとの自然が素敵なスコーネ、何度でも訪れたいスウェーデンらしい

風景が広がります♪

※大きなフレーム(約 W80cm×D68cm)に収まった リトグラフ作品です。

TEEMA

ARABIA / iittalaのTEEMA、

巨匠 Kaj Franckのデザインのテーブルウェア、定番中の定番。

使えば使うほど その良さがわかります。

現在まで、いったい何個製造されたのでしょうね。

※食洗機、もちろんOKですが手洗いするとデザインの良さがなおこと 解ります。

Fanett chair T55

1950年代にIlmari Tapiovaaraイルマリ・タピオヴァーラがデザインした

Fanettチェアです。

当時、軽さを打ち出した宣伝広告で「女性でも軽々と片手で持てます!」の

キャッチコピーでスウェーデンとフィンランドの家具ブランドから販売開始され

大きなセールスに成功しました。

現在は製造させれていませんが、今も人気は健在!

バランスのよいデザインで まったく古さを感じませんし

今、手に入るヴィンテージのファネットチェアで 擦れやペイント付着していても 

それがまた良い雰囲気になっていますね。

カップボード made in Norway

気泡ガラスの両開き扉が とても素敵なNorwayのカップボードです。

H110cm×W90cm×D25cm

多少のクスミや擦りキズ、中棚に小さなカケはありますが

いずれも気がつかない程度で全体的に綺麗なコンディションです。

2024GW

初夏、2024年のGWのスタートは「小さな蚤の市 @ times茅ヶ崎」、

とってもお得なファブリックや気づかない程度、まったくご利用に

問題のないB品のテーブルウェアなど店頭に並べます。

初夏の湘南、茅ヶ崎方面へお越しの際は、ぜひぜひお立ち寄り覗いて

みて下さいませ。

※GW期間中、30日、5月1日、2日は定休日になります。

Lithograph リトグラフ

この春のアンティークショー、いろいろなリトグラフ石版画を買付。

お気に入りのStig Claessonも何枚か買付、大好きなストックホルムの風景が

独特なタッチで描かれてます。

カラーもモノトーンも とても素敵です♪

古い木製のバスケット

北欧各地をまわると、生活に木製バスケットが根付いていることを実感します。

新しいものから古いものから、かたちも色々。

なかでもスウェーデンで、Spankorgスポーンコリといわれる

北欧民芸的なバスケットは魅力的で、大きなものは

ただ単にバスケットというより収納家具のような雰囲気もあり

インテリアの一部としても楽しまれています。

経年で良い風合いに変化したバスケットは、時をこえて愛される生活道具ですね。