ARABIA H.L.A

hla11

ARABIAアラビアに1947年から1975年まで 在籍したデザイナー

Hilkka-Lisa Ahola ヒルッカ・リサ・アホラによってデザインされた

ハンドペイント作品。1960年代後半から70年代初期に少量の生産によって

数柄デザインされました。カップ&ソーサーは Ulla ProcopeのSモデルを

ベースにしながら 他のSモデルとは まったく違う表情に仕上がり、日本でも

人気のシリーズになっています。

hla12

 

※カップ&ソーサーはSOLD OUTです。

聖子さん。

 

1seiko

ずっと昔、昭和バブリーな頃

好きだった?!先輩女子の薦めにより

田辺聖子さんに かなりハマった時期がありました。

 

忘れてしまった内容が 多いけど

大阪おばはん(失礼ですが・・) 独特の田辺ワールドは

とっても温かく 楽しく、ときにはホロッとして 読み終えた時は

なぜか元気になっていた記憶があります。

 

また今度読み直してみようと 思った大雨、まさに梅雨ときの日でした。

 

Seiko san , Rest in peace .

 

 

 

 

地図好き。

1map1

こんな時代なのに「紙の地図」、好きです。

この写真は海外、北欧中心のシティーマップですが、日本国内の地図も 大好き!!

地球儀や地図帳、壁に貼る世界・日本地図、街歩きの地図など なんでも好き。

1map2

あっ、鉄道やバスの路線図も好き。

1map3

 

 

 

あるところには、ある。

6012b

「すばらしい品揃え?!」

いや一般のご自宅です、凄いです。

何が凄って、少しずつ集まった集めた結果がこのストックですから

仕事にしている 私たちからみてもスゴイ。

6013b

 

6011b

 

飾りではなく、ちゃんと日々使用している。

お料理にあわせ、季節にあわせ、気分に合わせて。

しかもこれ、ほんの一部。

 

引出まで 明けたら、ひっくり返りました・・・

 

あるところには、あるんです。。。

ARABIA ルスカ between 1960’s and 1990’s.

フィンランドのARABIA製品の中でも Teemaと並んでロングセラーのSモデル。

そのSモデルの中でも 大好きなRUSKAルスカ。単にシンプルなだけではなく

一点一点 微妙に色合いが異なり お気に入りの色目を探す楽しみも♪

そして何といっても 食事が美味しく感じるのです、いや美味しい!!

当店、我が家で もっとも頻繁に食卓に登場するのが26cmプレート。

抜群の使いやすさに お料理の種類を選びません!

ruska5242

※上はお客様ご愛用の26cmプレート、美味しそうなカレーライス♪

 

※下も同じくお客様ご愛用26cmプレート デザートに◎!!ruska5241

ソースたっぷりのお料理でも大丈夫!

下はワンプレートで ランチタイム

ruska261

ruska262

 

※2019年5月26日現在、26cmの在庫はゼロですが 6月にタップリ探してくる予定です!

 

その他の アイテムも欠品が多いですが 同じくたくさんお願いしているので 7月には 充実の予定です♪

WINE

wine2

ほぼビール、発泡酒、ホッピー生活ですが ワインも沢山飲みます。

もっぱら1,000円代で購入できるワインを飲んでいますが

それでも十分美味しいから 嬉しいです。それにワインって安いデイリーなものでも

ラベル(エチケット)が素晴らしい! そそるデザインがたくさんあるから

それだけでも楽しい♪

 

昔、ワインを仕事にしている先輩から

「やっぱ値段に比例する、本当に美味しいワインを飲みたいなら 思い切ってバキューンと

それなりのお金を出して専門店で買って 飲んでみな!」と

言われたけど、なかなかバキューンとはいかなくて、思い切っても3~4,000円でした。

確かに そうなのかもしれない。ワインに限らず、お昼ごはんでも陶器でも洋服でも

なんでもいいなら別だけど、時間をかけて手間隙と気持ち、愛情がはいっているものは

それなりに値段がしてしまう。。。。

 

最近はワイン事情も30年前とは大きく変わっていると思うけど、

バキューンと買えるようになりたいなぁ。。。

 

今日もお手頃でデイリーな代表格、チリワインで気分だけはバキューン!です。

wine1

 

 

 

Weight limit 耐荷重テスト。

itest1

デンマークのヴィンテージ本棚、何の装飾もない いたってシンプルなデザイン。

多少の違いはあれど、デンマークの古い本棚にみられるデザインです。

脚の感じは 北欧ならでは ですね。

19denbook2

 

重さ20kgの耐荷テスト、平行検査をします。

itest2

 

しかし、乗ってる書籍に ほぼ関連性がない・・・

2019年のGWはアイスティーとスコーンで♪

gw20192

2019年の大型連休、今年のGWは お天気どうでしょうかね?!

さわやかな五月晴れになるといいですね。

 

timesのお店では、お気に入りのCampbells Perfect Teaのアイスティーと

五空さんのスコーンをご用意してお待ちしています。

お気軽に覗いて下さいませ♪

※アイスティーは 無料で試飲できます、スコーンは販売も。

gw20191

 

19gw111

 

※店内、蚤?B品?! SALEアイテムもご用意しました。

 

Yngve Ekstrom イングヴ・エクストローム

その出会いは(正確にいうと知ったのは)、まだ買付をはじめて間もない頃

今から10年ほどまえのことでしょうか。雑貨中心の買付でしたから、カッコいい椅子や

家具をみても 「 いいなぁいいなぁ、カッコいいなぁ~」と思うだけで買付の対象にはなら

なかったですし、そんな知識も規模でもないので、さら~と流す程度でした。

そんな時、ストックホルムの有名ヴィンテージショップのウィンドーに ディスプレイ

されていた一脚の 白い横広がりのスポークチェアに もの凄くひかれました。

1yearka

ペイントは白なのですが、経年による剥がれ・擦れ具合もかっこよく 座面も低めで

日本車?にはない色気みたいなものを感じました。一応、何と言う椅子なのかなと

お店の人に聞いてみました。すると「〇ングゥブエクスゥーローだよ」「ぇ、なになに??」

何といっているのかわからなかったから、メモに書いて頂きました。

ほーそうなんだ、当時はまだスマホをもっていなかったからホテルへ帰って調べてみると

スウェーデンでも もっとも人気かつ有名なYngve Ekstrom(イングヴ・エクストローム)

デザインで、私が気になった椅子はArka chairということが わかりました。

※今思うと、本当に恥ずかしい。

 

そっか、いつかお店に置きたいなぁ~と。

 

あれから何度も、何十回とスウェーデンへ訪れていますが なかなか家具関連までは

広げることが出来なかったのですが、昨年末少しだけ 買付をしました。

実はその時、一軒の家具倉庫であの白いArka chair に出会っていたのです。

しかし、価格はハンパなく高く交渉してみるも

予算オーバーで しぶしぶ断念。。。その代わりに「お前、エクストロームが好きなのか?!

このダイニングチェアならお前の予算内だ どうだ?」と出してくれたのがこのMINETT。

1yemin31

1yemin52

 

ほぉ、シンプルなダイニングチェアだ。チークとオーク材のコンビに緩やかにカーブしている

背面、そして横から見たら なんともカッコいい脚!グレーの座面も好み!!

裏のスタンプ、Yngve Ekstromを確認して「うん、コレ買う!買う買う。」と 買付けたのが

このダイニングチェア。憧れだった椅子はまた今後探すとして、これはこれで良い買付が出来たと

今もつくづく思います。見れば見るほどカッコいいし、色合いもそして何より座り心地が◎!!

 

今回、全4脚ですが2脚セットで お得な価格でご用意していますので

ぜひぜひ、お店で見て座ってYngve Ekstromを感じて下さいませ。

1yemin51

33333

ARABIA Rice Porcelain by Friedl Holzer Kjellberg.

arabiarice4

中国から伝わったとされる透かし技法「蛍手(ほたるで)」は

穴や線を作った彫りに透明の釉をかけ 透かした紋様で焼き上げる

陶芸の技法で日本では有田焼きなどにみられます。

その透かし技法をもちいた作品がフィンラドのARABIAでも1930年代に

Friedl Holzer-Kjellberg(フレイドル・オリザ・ツェルベリ)F.H.K によって

Rice Porcelain シリーズとして発表されました。

 

arabiarice1

1974年頃まで、あらゆるフォルム・紋様で製造され(1980年代に一時復刻)

ましたが 一貫して変わらなかったのは、白磁にライス模様の透かしで

薄く繊細にシェイプされた 美術品のような仕上がりです。

光にかざすと 灯りが透けて、 まるで照明器具を見ているような美しさが

あります。

 

食事・食卓を楽しむテーブルウェアですが、飾ってあるだけで、棚置きしてある

だけで楽しくて、草花との相性もよく アレンジメントでその用途は限りなくひろがります。

 

arabiarice2

 

60年以上前の作品ですが、今の現代作家が作り上げたような新鮮さもあるライスシリーズ、

ぜひ、実物をご覧頂きたいシリーズです。

 

arabiarice3