2018年「秋の蚤の市@times茅ヶ崎」

201809301

今年も秋の蚤の市を開催します。

timesでは、直前の買付や普段ディスプレイに使っている生地やアルミ製品、

古いキッチンツールなど とってもお得な価格での出品予定です。

涼しくなった初秋の蚤の市、

美味しいパンやタイ料理のランチプレートとともに

お楽しみ下さいませ。

 

201809302

My favorite place in Helsinki

1fin4

この白樺並木の横、塀がつづく内側がHietaniemen墓地。

ヘルシンキ中央駅からも近く、徒歩15分程度でしょうか。

入江を囲むように広がっていて、湾岸沿いに遊歩道が

しっかり整備されています。

1fin51fin6

その墓地には、フィンランドが誇る世界的なデザイナーのお墓も

多くて、ひときわ大きく目立つ場所には やはり大御所が。

綺麗に整えられ管理された庭園のような公園は 朝昼晩、いついっても

気持ちいいですが やはり朝が気持ちいいかも♪

1fin1

1fin3

ところどころで、可愛いリスがお出迎えしてくれます。

 

1fin2

「PRIDE」

stp1

2018年7月末、北欧周っていました。

特にスウェーデンは年に3から5回は行っている

ので、そのシーズンの気候はだいたい把握して

いるつもりでしたが、この夏は異常!

長袖はいらない、ほぼTシャツと短パンで大丈夫!!

という異常気象で、毎日30℃以上ありました。

みな口々に「異常だ、クレイジーだ、こんなの初めてだ!」

と、慣れない暑さにちょっとお疲れ気味。

そう、日本同様に地球の裏側でも異常気象なんですね。

 

stp2

さて、そんな暑さのなかでしたが この時期、ストックホルムは

街中が「STOCKHOLM PRIDE /レインボーデー」なのです。

レインボーデーとは、ご存じの方も多いと思いますが

LGBT(レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)

の性的マイノリティーを受け入れよう、差別をなくそうと

いう運動のことで、この7末から8上の10日間ぐらい街ぐるみ

でイベントやパレードを行うのです。

 

タイミング良く?!日本の政治家もLGBTに対する問題発言で

日本国内でも関心や話題になったばかりですが、向こうは

やることが違います!考え方が違えば行動も変わってきます。

なんてたって、その運動をサポートしている企業がスゴイ!

日本の企業に例えれば、トヨタやJR、資生堂に伊勢丹などそうそうたる

スウェーデンの大企業がスポンサードしているんです!!

市内を走るバスなんて、レインボーフラッグ掲げていますから!

(日本でいう祝日の日の丸ですよ)

 

私は今まで、ほぼ無関心。いやその知識もないし考えたこともない

し、差別どころかそういう知人もいない、(こともないけど・・・)

だから別の次元の人たち、遠い国の話くらいにしか思っていませんでした。

stp3

でもね、向こうにいると そんな自分が とっても人間的小さく

むしろ少数派に感じるくらい 皆 あたりまえのように受け入れて

いるんです。(すべての方々ではないと思いますが)

そして、そのことそのものを楽しんでいるんです。

 

残念ながら、一番盛り上がるパレードは見ることが出来ませんでしたが

(8月5日だったかな、凄く盛り上がって楽しいそうです。)

そんな街中にいるだけで、私自身も考え方、見かた、接し方が少し前進?

したような気がする2018年7月末でした。

stp4

「胸のうち」

以下は、毎週お届けしている通信文の一部です。少し長いので覚悟を。。。

 

2018年7月12日(木)

「西日本の豪雨災害につきまして日に日に、災害・被災状況が大きく
なり本当に心配で ただ驚いているだけの私に苛立ちを感じながら、
早期に いつもの日常が戻ってくること心より願い お祈り申し上げます。」
今週は、
「特にご案内する商品はありません。」
なので、このメールそのものが不要で皆さまに、迷惑メールみたいに
なっても申し訳なく思うのですが、「夏まえ、渡欧買付まえ、お盆休みまえ」
と、いうこともあり胸のうちを長々と書きたいと思います。

長くなりそうなので、この段階でスルー、ご興味ないお客様はさっそくスルーして
下さいませ。
timesは小さなお店ですが、小さいなりに
日々いろいろ考えています。しかし、
そもそも 芯がしっかりしていれば日々
考えることもないわけで、そのあたりが
まだまだまだ、という所以でございます。。。
まずご報告しなくてはいけないのは
今までずっとご紹介してきた商品において、
一番大きな変化はフィンランドのmarimekkoを
しばらくお休み(仕入をしない)ということです。
timesオープン以来、12年間ブランド別では
一番の売上・仕入金額でした。
日本代理店ルックさんに すごく良くして頂き、
売上的にも 大きな割合を占めていました。
しかし、時代・市況は刻々とかわっていき、
それに対応できない・しっかりと定価販売
できない現状ではブランドにも代理店にも
ご迷惑かけるという思い、そして私自身が
マツクリなどトートバッグ以外のアイテムは、
ほぼ実生活で使用しなくなってしまったという
「自分たちが使っていないのに お薦めする矛盾」
そこに直面したとき もう一度ゼロから見直しを
することに致しました。
マリメッコというブランドがダメなのではなく、
私たちtimesがダメなのであって、
また展開できる時がきたらルックさんに
お願いしたいと思っています。(ずうずうしくも・・)
ルックさんからも「またぜひぜひ!」と
温かいお言葉を頂きました。(社交辞令かもですが、とても嬉しい!)

そして全体像としては今後、
北欧買付が主、国内のお取引先と
地域の作家さんになります。

買付品においても十分に魅力的な
価格でご紹介できように努力することは
もちろんですが、有名無名に関わらず
そばにあるだけで幸せ、使うのが楽しみ、
心が動くものを選び
大きなものや、細かいもの、
古い、新しいに関係なく
「times で買いたい、覗いてみたい!」
と思って頂けるお店にしますので
今後ともよろしくお願い申し上げます。
※実際のメルマガではこのスペースに、新再入荷情報、実店舗や買付情報、地域情報を掲載。

 
『timesひとり言』

いつもはかなり、どうでも良い?!話です。
しかし今週は 「どうでもよくない真面目な話」
です!!
「何が出来るか!」のお話

ここ一週間で つくづく思うのは、
それなりに「体力・余裕・包容力」がないと
なにも力になれないという事です。
西日本の豪雨災害では、timesのお客様、
個人的な知人、いっしょにイベントなどやっ
ている方々のお身内はもちろん、そうじゃ
なくても同じ日本に住む人々が大変な時に
「何が出来るのか!?」と考えると
悲しいかな、今の場所で願・祈しかない
自分がいます。
もちろん、お金や物資を送ることだけが
支援ではありませんが、少なくとも
会社・組織に「体力・余裕・包容力」が
あれば目に見えるアクションが出来ます。
会社、組織は社会の役にたててナンボ、
残念ですが、その意味では役に立って
いません!!
今、未来(といっても2年後ですが)2020年
オリンピックイヤーにはカタチにするべく
「timesのありかた、求めるもの、求められるもの」
を整理し進めようとしています。

あっと言う間に過ぎていく月日、
今年ももう半分おわり、7月も中旬ですね。
また8月から
このくだらないメルマガは再開しますので、
ぜひお付き合いご愛読頂けましたら幸いです。
長々とお読み頂きありがとうございました。
今から暑さも本番、皆さまにおかれましては
健康第一で、無理なくお過ごし頂きますこと
心よりお祈りいたします。

 

P.S. 上記は毎週のように(たまにお休みします・・・)、timesから一方的に送信しているブログのような日記のようなメルマガです。普段は新再入荷商品や催しもの、通信文限定のスペシャル企画などをお知らせしていますので、「貴重でありがたい数少ないtimesの温かいお客様向け」です。

とってもくだらい内容のとき、非常にまじめなとき、どうでもよくて迷惑的なときもありますので登録・購読をおすすめするようなものでもありません。内容も今どき普通であれば、写真付や動画などあたりまえですが、「文字のみ」の時代おくれのメルマガです。

ただ、「それがいいのよ!」と言っていただける、本当にありがたい大切なお客様からお声を頂きましたので懲りずに同じスタイルで継続中です。おそらく今後もこのスタイルで毎週のように書き綴っていくと思います。

最近思うのです、販売・ご紹介している商品をご購入して頂くには少なからずtimesのことを知って頂き、「そうなんだ、そういうこと考えているのね、同じこと思うよ、そこは違うんじゃない!」など 物の売買だけではなく「胸のうち、想いのやりとり」が必要なのではと。出来ればそこを強化したい、それは店舗で顔をあわせてが理想ではあるけれど、WEB上やメールのやりとりでも十分に出来るのではないでしょうか。

それが今考える私たちtimesの一つの方向、「だから胸のうちを言葉にだすことが大切なのです!」と思った2018年7月中旬でした。

aarikka のストライプ

しましま模様が好きです。

 

洋服でいえば横縞ボーダーってことになりますが(ボーダーストライプの略らしい)

縦縞の洋服は かなり勇気がいります・・・

 

縦縞は 単にストライプっていうことで いいのかな?

たぶん一般的はそう定義されているでしょう。

 

では、斜めはなんていうのかな?!

ななめストライプ、レジメンタイストライプ!?

 

そう、しましまが好きです。

180623bl

 

 

 

「夏至」

夏至。

日本では昼間が一番長い日、

明日からは 少しずつ陽が短くなると思うと

少し寂しい気もするけど、日本らしいとも思う。

 

北欧なんて、真夜中でも明るいから 昼間が長すぎて

その情緒も 感慨もない。もっとも 日本の場合、梅雨

ど真ん中ということで、夏至の日の平均的日照時間は

短いらしいけど。

 

夏至、といえば私のなかでは大きな言葉となっています。

長野にその名も「夏至」というギャラリー&ショップが

あります。夏至さんは私の中で常に学びの中心にあるお店

です。扱う作品、商品は違いますがその審美眼と強い気持ちは

端々から伝わってきます。

いつも我見直し うなだれています・・・

 

2018年6月21日夏至の日、

気合をいれなおす いい日となりました。

 

 

2018年、父の日。

1fath2

 

今日は「父の日」です。

 

私が育った”昭和”なときから、現平成時代の父親像っていうものは

違ってきているのかも 知れません。

でもそれもどうなんでしょう?!理想の父親・・・

どういう 育て方や どういう父親がいいなんて

よくわかりません。。。

 

どんな父親が よい父ちゃんなのでしょう?

子供目線、奥さん目線で違うものなのかな?!

 

残念ながら 子供はいないけど

今日くらいは 父親ついて、また亡くなった父(かなり前だけど)

について 考えてみることにしよう。

 

少なくとも 私の父ちゃんは 文句言わず、

黙々と働いていたなぁ・・・

1fath1

「夏休み、北欧へ行かれる方へ」参考です。

北欧に限ったことではないと思いますが

アパートメントタイプのホテルって結構あります。

北欧に関していいますと、どの国もありますが

たくさんあってリーズナブル、そして安全?!なのはヘルシンキの

アパートメントタイプ。

times自身もよく使いますし、今まで6箇所くらいは利用しています。

そのなかでも、都合よくて都心部で比較的安く(決して安いわけではないけど)

サウナが無料で利用できる!!(これ案外重要)場所のご紹介。

h21

入ってすぐ右にベッドルーム(ツインタイプ)

そして左がリビング&キッチン

正面にバスルーム。

いわゆる1LDKってことでしょうか。

でも広いですよ、一人では充分。ふたりでももちろんOK!

で、だいたいのアパートタイプは現地にフロントやスタッフがいなくて

駅の売店でカギを受け取るタイプなのですが

ここは平日にフロントが機能して荷物も預かってくれる。

※ただし週末は誰もいない。ので、週末にチェックインの方は要注意、初めての方で週末チェックインは多少英語が必要になってきます。

 

何かあれば、頼りになるし聞くこともできます。

それになんといってもプライベートサウナが無料!!!

だからもう10回以上はここ利用しています。

価格も1泊8,000円から14,000円くらいだったと思うので

2人以上で行かれる方はとてもリーズナブルでは。ヘルシンキは安全ですしね。

※お部屋のタイプはまちまちで、その時々でいろんなお部屋でしたが

いつも充分です。

 

h61

h31

参考までに

アパートメントタイプのいいと思うところ

・比較的ひろい、安い、ローカル感?!がある、作業がしやすい だいたいキッチンがある  などなど。

アパートメントタイプの不都合なところ

・現地にスタッフがいない、ので荷物を預ずけたり出来ない(今紹介しているところは いるのでOK)

なにか不都合が起きた場合、すべて電話で(メール)でやりとりすることになり ちょっと不安

 

くらいでしょうか?

北欧行く機会あればお試しくださいませ

ここでご紹介したのはセントラル駅までも徒歩圏内

Hellaten Parliament          Meseokatu 18 Helsinki

 

h41h11

Cambells Perfect Tea & 五空ぱん

tea33

アイスティーが いい季節になってきました。

アイスでも ホットでも美味しいCampbells Perfect Tea、

麦茶のように 気軽に飲めるのが嬉しいです。

アイルランド生まれ、スコーンとの相性は抜群です♪

tea111

12gokuu2